外壁工事で、家を綺麗に!

Renewal Style

クラックと外壁工事について

クラックと外壁工事について 中古住宅を購入し、自分でリフォームしながら住み続けていらっしゃる方は多いでしょう。
築浅な中古住宅であれば、新築よりもお手ごろに購入できます。
少し浮いた資金を、のちのリフォームに充てることができるメリットがあります。
そのリフォームとして最初に思いつくのが外壁工事です。
ほかの住宅設備以上に、外壁は毎日のように風雨にさらされ、直射日光を受けています。
目に見えない塵やほこりをかぶり、汚れています。
ぬれたり、熱を帯びたり、汚れたり、など、多くの刺激を受けるので、ひび割れが起きてしまいます。
そして塗装もはがれてしまいます。
ですから、住まいとしての機能に加え、美観もしっかりと保ち続けるためには、外壁工事は必要不可欠となります。
実際にリフォームとなると、慎重に検討し、適切な業者にアドバイスをもらいながら進めるのがベストです。
外壁工事には費用がかかります。
住まいを快適で美しい空間にしたいという気持ちを重要視するきもちは大切ですが、きちんと複数の業者に見積もりを依頼し、良心的な業者に外壁工事を依頼しましょう。
皆さんの住まいは今以上に快適な空間になることでしょう。

クラックとは

クラックとは クラックとは、簡単にいえばひび割れのことであり、住宅の外壁工事などが必要となるクラックには、主に4つの種類があります。
それは、毛髪のように見えるもの、乾燥によるもの、構造によるもの、縁切れによるものです。
毛髪のように細くて短いひび割れは、塗装面に出来ることが多く、原因は経年劣化、塗装に掛けた時間の不適切な長さ、素材と塗料の性質な合わなかったことに因ります。
また、他の3つはモルタルの外壁など、湿式工法の外壁工事において見られることが多いものです。
それぞれ、完全な乾燥と収縮を見ずに塗装をおこなってしまったり、建物自体の構造的な欠陥などによるさまざまな動きからひび割れたり、湿式工法において何らかの事情で一度に壁を仕上げられなかったために起こったりしたものです。
このようにクラックはいろいろな理由から起こるわけですから、起こった事情によってもメンテナンスの方法はさまざまで、外壁工事の方法も一つではありません。