外壁工事で、家を綺麗に!

Renewal Style

外壁工事の耐用年数は?

外壁工事の耐用年数は? 外壁工事の耐用年数は使用する塗料や建物がある環境などで変わってくる為、一概には言えません。
塗料の耐用年数では5年~20年と幅広いです。
塗料を選定する際は、費用対効果を十分検討する必要があります。
塗り替えのおおよその目安は10年と言われていますが、環境も影響しますので外壁工事が必要かどうかの見極めを自分自身でできるようになるのが良いです。
結局詰まるところ自分の所有物ですので自分自身が耐用年数を決めれば良いということになるのですが、目安の耐用年数を超えても外壁工事を行わず放置した結果、家自体の寿命を縮める結果になったり、賃貸住宅であれば、借りている入居者に損害が出たり、様々な弊害が出てくることを忘れてはいけません。
結論として、第一に自分自身の見る目を養うこと、第二に信頼できる業者もしくは担当者を探すことです。
見る目を養うことは努力で何とでもできますが、信頼できる業者を見つけることは運も多少必要です。
日頃からアンテナを張り情報を素早くキャッチできるようになりましょう。

外壁工事の法廷耐用年数

外壁工事の法廷耐用年数 新築の一戸建てを購入したものの、風化によってみすぼらしく見えてしまう場面があります。
見た目の悪化に加え、風雨に対する体制も弱体化しており、早期に外壁の塗装を業者に依頼する必要に迫られます。
概して、外壁工事は業者に一任するものとなりますが、家主は最低限の知識を知っておくことで未然にトラブルを防ぐことができます。
その知識とは、外壁工事に使用される塗料の法廷耐用年数になります。
実は、法廷耐用年数は塗料によって異なり、事前に外壁工事の概要を知っておくことが第一条件です。
塗料には、アクリル・ウレタン・シリコン・フッ素が主原料の樹脂があり、後者であるほど耐用年数が長くなっていきます。
アクリル樹脂が5年に対して、フッ素樹脂の塗料では3倍超の15~20年と定められています。
これらは、単純に塗料の効き目が長いことを表しており、一般の工事ではシリコン樹脂(およそ12年)の塗料が主流となっています。
よって、これ以上の耐用年数を持つ塗料は存在せず、知識があるだけで嘘を見抜けるものとなる訳です。