外壁工事で、家を綺麗に!

Renewal Style

外壁工事の騒音に対する対応

外壁工事の騒音に対する対応 外壁工事など工事関係は騒音が付き物です。
それにどういう風に向き合っていくかでいろいろ見方が変わってきます。
外壁工事関係などは必ずというくらい重機の使用が重宝されています。
それがなければ仕事をこなすことができません。
ではどういう風に向き合っていくか?まずそこの工事責任者と話してみて作業時間を少し短めにしてもらうか、周囲に迷惑かかる騒音を控えてもらうなど色々対処方法があります。
ですが、中には希望に添えない内容もあるのでやはり相談は必須なものになります。
騒音に対してはなるべく暗い時間帯に作業はしないでほしいなどの配慮を呼びかけます。
そうすることによって昼間はやむを得ない場合もありますが、自分たちが生活に支障が出ない程度までは軽減できます。
また、元請け会社等の責任者としゃべるのも1つの手だと思います。
また当然ですが祝日、休日などの体を休める期間にあたっては仕事をしないでもらえないかと交渉などができます。

ご近所からクレームになるケース

ご近所からクレームになるケース 外壁工事の実施に伴うご近所からクレームになるケースは、事前の挨拶がないので工事のことを知らなかったことが原因であることが殆どです。
例えば、工事の音がうるさい、職人が家を覗いた、水が飛んできた、塗料が飛んできた、臭い、といったクレームから業者の車が邪魔、日曜、祝日の作業まで様々な苦情がご近所からでる心配があります。
そんなトラブルを事前に避けるためにも、外壁工事前に挨拶はきちんとしておくことが大切です。
ご近所への工事前挨拶は、一般的に工事業者が行いますが、施工主も直接伺って挨拶した方が印象が良くなるのは確実です。
可能であれば、その際に「ご挨拶のお品」を持参すると一層効果的であるのも人情です。
例えば 洗濯洗剤や台所洗剤のセットなど実用的なものが良いでしょう。
工事の開始日と終了日をきちんと伝え、きちんと挨拶をしておけば、多少のことは大目にみてくれるものです。
また、工事業者に対しては日曜、祝日に作業を行う時は、必ず事前にご近所へ連絡をすることや業者の車はなるべく邪魔にならないように気配りをするよう依頼しておきます。
なお、工事期間中にご近所の方と会った際には、ご迷惑をおかけしておりますと一言、言葉をかける配慮も必要となります。