外壁工事で、家を綺麗に!

Renewal Style

外壁工事の周期を知っておこう

外壁工事の周期を知っておこう 家の外壁は常に直射日光や雨、風にさらされています。
どんなに良い素材や塗料を使っていても年数がたてば劣化してしまうのは仕方のないことです。
ですからある程度の年数がたったら外壁工事をして、メンテナンスをしてあげることが家を長持ちさせるポイントになります。
ではどれくらいで外壁工事をしたらいいのかというと、一概には言えませんが、だいたい10年周期でおこなうとひどい劣化が起こらないうちに外壁を無理なく維持していくことができると考えられます。
定期的な周期で外壁工事を行うことで、大きな修理等をしなくても済むようになるので、家の劣化を防ぐだけでなく外観もきれいに保つことができます。
さらに雨漏りなどの水が浸入することも防ぐことができ、総合的に考えれば大きな補修を一度行うよりも、定期的なメンテナンスを行う方が費用的にも抑えることができる傾向があります。
また外壁工事会社と懇意にもなれるのでしっかりとメンテナンスをしてもらうことができるでしょう。

一般的な外壁工事の周期

一般的な外壁工事の周期 一般的には外壁工事は10年周期ぐらいで行われるものです。
築10年も過ぎれば外壁も傷み始め、紫外線や雨により塗装をし直さなくてはいけなくなってくるものです。
外観が衰えてきたと感じたら、外壁工事の検討を行うように心がけましょう。
外壁は美観を保つとためのものでもありますが、雨漏りや害虫の侵入を防ぐためのものでもあります。
雨が侵入してくるとカビが発生してくる可能性もあります。
カビが室内に充満すると喘息の原因にもなってくるものです。
また、ダニ等の害虫が室内に入ってくるとアトピー等の原因にもなるものです。
外壁は外観を守るだけでは無く、家族の健康と安全を守るものでもあるのです。
傷んできたなと感じたら、早めに施工を施して綺麗な外観を保つように心がけましょう。
10年周期が一つの目安です。
多少、費用はかかっても、いつまでも美しい外観を保つことで、仮に売却に出したとしても高く売却できるようになるものです。
思い立ったらリフォームの実施を行うようにしましょう。