外壁工事で、家を綺麗に!

Renewal Style

外壁工事期間と作業の流れ

外壁工事期間と作業の流れ 大切な一戸建てのマイホーム住宅を長持ちさせるためには、屋根や外壁などに塗装を施す、定期的なメンテナンス工事が重要であることは、多くの方がご存知のことでしょう。
しかし、実際に外壁工事をおこなったことがある方でなければ、工事にはどれくらいの期間がかかるのか知らない場合も少なくないのではないでしょうか。
そこで、外壁工事にかかる期間と作業の流れを知っておくと、メンテナンスの計画をスムーズに立てられるかもしれません。
まず、外壁工事の期間は、作業工程を考えればおよそ2週間と思っていれば間違いはありません。
作業の手順は、足場の組み立てなどから高圧洗浄に至り、乾燥を十分におこなった後、下地の調整や養生をします。
それから、下塗り、中塗り、上塗りへと進み、塗装工事の完成後に足場の解体をおこないます。
この間に雨が降るなどの天候状況によっては、日にちが延びる場合もありますが、一般的には2週間位に収まるものなのです。

外壁工事の3日目までは下準備

外壁工事の3日目までは下準備 外壁工事を必要としてしまうことがあります。例を挙げると一般的な戸建て住宅に住んでいる方でも、数年間に1度は外壁塗装を行うことが求められることがあります。
塗膜が劣化してしまった状態で放置してしまうと、下地が傷んでしまい、後に浸水被害が起きる可能性があるので、外壁工事に関しては非常に重要な作業として利用することができます。
一般的な方法については、外壁を塗り替えする方法になり、外壁工事を依頼してから3日目程度までは通常では下準備を行う期間に費やすことも基本的なことです。
住宅周りに足場を設置する作業から始まり、外壁の洗浄を行う作業も欠かせません。
洗浄後に外壁の下地を補修する作業を行う場合もあり、住宅を守る上では欠かせない作業になり、塗料を上手く塗るためにも重要な内容です。
その後は養生を行うことになり、専用のテープとビニールシートなどを用いて、塗料が付着してはいけない部分を覆い隠す作業を行うので、実際に塗装作業に入る前には下準備というものが必要になります。